ベルギー日本人会へようこそWelcome to NIHONJINKAI a.s.b.l.

日本人会7月号会報告知板8頁の告知板修正

2018年7月12日

女子ホッケーのさくらJAPAN対ベルギーの試合の日にちが 再度 変更になりました。
下記訂正の15日(日)ではなく、当初予定通りの7月14日(土)の17時からで、場所は同じです。
ちなみに昨日11日の第一戦は惜しくも1−2で敗れました。再来週からのロンドンのワールドカップを目指し選手たちは頑張っています。さらなる皆様の応援をお待ちしております。
詳しくは 人見 Mob 0496-590-818 まで。

2018年7月10日

女子ホッケーのさくらJAPAN対ベルギーの試合の日にちが変更になりました。
7月14日(土)の試合が15日(日)になりました。時間場所は同じです。
7月11日の試合は変更なしです。
詳しくは 人見 Mob 0496-590-818 まで。

ページトップへ戻る

会報7月号発行のお知らせ

オンラインマガジン

日本人会会報2018年7月号が発行されましたのでお知らせいたします。

ご意見、ご要望等ありましたら遠慮無くお寄せ下さい。

会報委員会 大野 保人

ページトップへ戻る

イベント情報

日本人会会員各位

美術部バスツアー(4月29日(日))のお知らせ 

20180429美術部
『バベルの塔』とロッテルダム探訪

ロッテルダムの代表的な美術館ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館は中世美術から現代美術まで多数の作品を所蔵する人気の美術館で、アート好きなら是非一度は訪れたいところ。好機到来で、バスツアーを企画しました。東京・大阪で昨年開かれ、約66万人が訪れた「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝 ーボスを超えてー」の凱旋(がいせん)展「バベル 日本から帰ってきた名画」の開幕を機に、会場でのギャラリートークをハイライトとした、オランダ第二の都市のロッテルダムの発見の旅に出かけます。
日本でのユニークな展示の内容が評価され、母国でも紹介されることになった同展で、有名な『バベルの塔』を筆頭に15〜16世紀のネーデルラントの絵画、版画、彫刻を鑑賞します。
見どころの多いロッテルダム。フリータイムも設けました。周辺の美術館や、「マース川のマンハッタン」の異名をとる同市が世界に誇る有名建築物ウォッチング、あるいは屋内食品マーケットを擁する注目のマルクトハル(マーケットホール)でのショッピングに足を延ばしてもいいでしょう

参加費:
大人 47ユーロ | 18歳以上の学生 38ユーロ | 18歳以下 32ユーロ(入場料・ランチ込み)

お申し込み方法:
以下を記入の上、日本人会事務局まで原則e-mailにて jimukyoku@nihonjinkai.be お申込みください。
件名:4月29日 美術部ロッテルダムバスツアー申し込み
ご氏名 + 登録会員企業名(個人会員はその旨明記)
ご同伴者名 + 登録会員企業名(家族の場合は続柄。また、お子様・学生は年齢を明記ください。)
日中連絡先電話番号(できれば携帯番号)

詳細はPDFをご覧ください。

2017年度『クラシック音楽をもっと楽しもう会』開催報告

2018年2月16日(金)、日本人学校の玄関ホールをお借りして、恒例の『クラシック音楽をもっと楽しもう会』を開催しました。

『透明感あふれる音』

演奏:クリスタル カルテット

<プログラム>

 1.もののけ姫:久石譲
 2.風の通り道:久石譲
 3.となりのトトロ:久石譲
 4.君をのせて:久石譲
 5.風の谷のナウシカ:久石譲
 6.ポルカ:ショスタコービッチ
 7.アメリカ:ドボルザーク

会場設営にご協力頂いた日本人学校教職員の皆様、受付を手伝って頂いた方々、この場をお借りして御礼申し上げます。

+++音楽会会場風景+++

イベント情報

ベルギー日本人会主催 クラシック音楽をもっと楽しもう会!

20180216音楽会
日本人会会員各位

2018年2月16日(金)に、日本人学校にて『クラシック音楽をもっと楽しもう会』を開催します。入場料は無料です。

2018年2月16日(金)
開演 19:00 (開場 18:30)

会場: ブラッセル日本人学校
Avenue des Meuniers 133, 1160 Auderghem, Bruxelles

演奏者:クリスタルカルテット 代表者:川村奈菜

演目: ドボルザーク アメリカ
    ショスタコーヴィチ ポルカ
    その他(当日のお楽しみ)

詳細及び申し込み方法はPDFをご覧ください。

イベント

スピーチコンテスト

第26回日本語スピーチコンテスト結果報告

The 26th JAPANESE SPEECH CONTEST

11月25日(土)午後、ブラッセル日本人学校にて、第26回日本語スピーチコンテストを開催致しました。

本年はAグループ(初級)4名、Bグループ(中・上級)12名の計16名が当日のコンテストにて熱弁を披露し、結果は以下の通りとなりました。スピーチ内容については、桜祭りでの経験や神輿、合気道、日本人のSNS活用における特徴等、バラエティに富んだ大変充実したものでした。コンテストの開会に際し、前川公使にご挨拶を頂くと共に、審査員をお務め頂き、今回も「大使奨励賞」をご提供頂きました。ベルギー日本人学校の坂山校長先生とゲント大学のMichaël Hauspie先生に審査員をお務め頂き、また、審査員長の川瀬日本人会会長には、総評と上位入賞者に対する表彰、及び努力賞を授与頂きました。

 コンテスト当日は、多くの方々にご来場頂き、心より感謝申し上げます。次回もより多くの参加者及び来場者を迎えられるよう、文化交流委員会一同努力していきたいと思っております。

また、本大会の開催に当たっては多くの方のご協力を頂きました。

ご後援頂いた在ベルギー日本国大使館、審査員の方々、協賛企業各社、日本人学校教職員の皆様、日本人学校吹奏楽団、日本人学校合唱団、あじさいコーラスの皆様、この紙面をお借りして皆様に厚く御礼申しあげます。

    文化交流委員会  委員長 井上 智裕

結果報告:詳細

ページトップへ戻る

オンラインマガジン公開

オンラインマガジン

毎号、日本人会会報をご愛読いただきまして心よりお礼申し上げます。
これまで冊子として会報をお届けしてきましたが、今号より電子化し、原則としてウェブコンテンツとして皆様に配信する手法に変更させていただきました。日本人会会報をお届けする媒体を冊子からウェブへと変更いたしましたのは、二つの点を目的としております。
1. 書籍電子化時代に対応し、より見やすく読みやすい会報を皆様にお届けする事
冊子の会報も、手に取った重量感がそれはそれで良いものであったと思います。しかしながら、時代変わって、書籍はパソコンやスマートフォンの画面で読むのが主流になりつつあるようです。電子化の大きな目的の一つは、諸般の都合により冊子版の会報では難しかった、紙面のカラー化であります。
2. 電子広告時代に対応し、読者・広告主の皆様により便利な広告媒体をご提供する事
冊子版会報では各種記事の後にまとめて広告ページのスペースを取っていました。既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、今号より記事と広告を同じページにバランス良く配置し、読者の皆様の目に触れやすいレイアウトとしています。また、これまでは広告主様に印刷していただいていた差込み広告も、今号より印刷不要、会報内のページに取り込んでいます。
今後も、より多くの皆様にとって見やすく読みやすい会報となるように努力して参りますので、ご要望等ありましたら遠慮無くご意見お寄せ下さい。

会報委員会 大野 保人

ページトップへ戻る

2016年度『クラシック音楽をもっと楽しもう会』開催報告

2017年2月17日(金)、日本人学校の玄関ホールをお借りして、恒例の『クラシック音楽をもっと楽しもう会』を開催しました。

今年のテーマ:『冬ごもり☆クラシック』

演奏:ヴァイオリン/細田千香子さん、ピアノ/本多友子さん。

学校のホールは卒業式・入学式に向けて飾られ、ひな祭りも近いことからベルギーではなかなか見ることのできない雛飾りも飾られて、華やかな雰囲気でした。

季節柄、当日体調を崩して欠席の方が多い中、140人弱の観客を迎え、クイズを交えながら、終始楽しい和やかな雰囲気で盛況裏に終了しました。今年の隠しテーマは『映画音楽』でした。

会場設営にご協力頂いた日本人学校教職員の皆様、受付を手伝って頂いた方々、この場をお借りして御礼申し上げます。

+++音楽会会場風景+++

Menu

Online Magazine

Copyright(C) ベルギー日本人会 All Rights Reserved. Website:Inspiration Publishing
アクセスカウンター