ベルギー日本人会へようこそWelcome to NIHONJINKAI a.s.b.l.

オンラインマガジン公開

オンラインマガジン

毎号、日本人会会報をご愛読いただきまして心よりお礼申し上げます。
これまで冊子として会報をお届けしてきましたが、今号より電子化し、原則としてウェブコンテンツとして皆様に配信する手法に変更させていただきました。日本人会会報をお届けする媒体を冊子からウェブへと変更いたしましたのは、二つの点を目的としております。
1. 書籍電子化時代に対応し、より見やすく読みやすい会報を皆様にお届けする事
冊子の会報も、手に取った重量感がそれはそれで良いものであったと思います。しかしながら、時代変わって、書籍はパソコンやスマートフォンの画面で読むのが主流になりつつあるようです。電子化の大きな目的の一つは、諸般の都合により冊子版の会報では難しかった、紙面のカラー化であります。
2. 電子広告時代に対応し、読者・広告主の皆様により便利な広告媒体をご提供する事
冊子版会報では各種記事の後にまとめて広告ページのスペースを取っていました。既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、今号より記事と広告を同じページにバランス良く配置し、読者の皆様の目に触れやすいレイアウトとしています。また、これまでは広告主様に印刷していただいていた差込み広告も、今号より印刷不要、会報内のページに取り込んでいます。
今後も、より多くの皆様にとって見やすく読みやすい会報となるように努力して参りますので、ご要望等ありましたら遠慮無くご意見お寄せ下さい。

会報委員会 大野 保人

ページトップへ戻る

『ブリュッセル20kmマラソンへの「チーム・ジャパン」参加募集』のお知らせ

ブリュッセル20kmランが5月28日に行われます。日本大使館ではチームジャパンのTシャツを着て、20kmランを走ってくださるチームジャパンのメンバーを募集しています。ブリュッセル20kmのオフィシャルサイトより登録・参加費をお支払いただいた後日本大使館のサイトにてチームジャパンのご登録をお願いいたします。
参加ご希望の方は以下の日本大使館のサイトをご覧ください。

参加申込み

ページトップへ戻る

2016年度『クラシック音楽をもっと楽しもう会』開催報告

2017年2月17日(金)、日本人学校の玄関ホールをお借りして、恒例の『クラシック音楽をもっと楽しもう会』を開催しました。

今年のテーマ:『冬ごもり☆クラシック』

演奏:ヴァイオリン/細田千香子さん、ピアノ/本多友子さん。

学校のホールは卒業式・入学式に向けて飾られ、ひな祭りも近いことからベルギーではなかなか見ることのできない雛飾りも飾られて、華やかな雰囲気でした。

季節柄、当日体調を崩して欠席の方が多い中、140人弱の観客を迎え、クイズを交えながら、終始楽しい和やかな雰囲気で盛況裏に終了しました。今年の隠しテーマは『映画音楽』でした。

会場設営にご協力頂いた日本人学校教職員の皆様、受付を手伝って頂いた方々、この場をお借りして御礼申し上げます。

+++音楽会会場風景+++

ベルギー日本人会 事務所移転のお知らせ

このたび事務所を下記の住所に移転いたしました。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

1. 新住所: (Delta移転前と同じビル) 6階
Avenue Louise 287 Bte 3, 1050 Bruxelles

2. 移転日: 2016年11月29日 

3. 電話・e-mail等、変更ございません。
・電話:  +32 (0)2-647 38 39
・e-mail: jimukyoku@nihonjinkai.be
・URL:  www.nihonjinkai.be

4. アクセス
 ・最寄停留所: Vleurgat
   @ Bus: STIB 60番、38番
   A Tram: 94番

ページトップへ戻る

イベント

スピーチコンテスト

第25回日本語スピーチコンテスト結果報告

The 25th JAPANESE SPEECH CONTEST

 この日本語スピーチコンテストは1991年に第一回を開催してから、毎年開催してまいりました。本来でしたら、去年が、記念すべき第25回目でしたが、11月のパリ連続テロの影響で、残念ながら中止せざるをえなくなりました。そのため、今年を、改めて第25回とし、11月26日(土)午後、ブラッセル日本人学校にて、開催致しました。更に、今年は日本・ベルギー友好150周年に当たるため、今回は150周年特別記念大会として、第一回優勝者もお招きし、無事、終えることができました。

本年は昨年度応募者に今年度応募者を加え、予備審査を経て、Aグループ(初級)11名、Bグループ(中・上級)5名の計16名が当日のコンテストにて熱弁を披露し、結果は以下の通りとなりました。スピーチ内容については、日本での体験をはじめ、文化・歴史の比較、日本独自の食べ物、友情、折り紙等、バラエティに富んで大変充実したものでした。コンテストの開会に際し、石井大使にご挨拶を頂くと共に、審査員をお務め頂き、今回も「大使奨励賞」をご提供頂きました。150周年記念行事準備委員会でもあるルーヴェン大学教授VANDE WALL先生にも審査員をお務め頂き、150周年特別賞を授与し頂きました。又、審査員長の三中日本人会会長には、総評と上位入賞者に対する表彰、及び努力賞を授与頂きました。

 コンテスト当日は、多くの方々にご来場頂き、心より感謝申し上げます。次回もより多くの参加者及び来場者を迎えられるよう、文化交流委員会一同努力していきたいと思っております。 また、本大会の開催に当たっては多くの方のご協力を頂きました。 ご後援頂いた在ベルギー日本国大使館、審査員の方々、協賛企業各社、日本人学校教職員の皆様、日本人学校吹奏楽団、あじさいコーラスの皆様、この紙面をお借りして皆様に厚く御礼申しあげます。

    文化交流委員会  委員長 井上 智裕

スピーチコンテスト 2016

ページトップへ戻る

外務大臣賞表彰授与式

外務大臣賞表彰授与式

        外務大臣賞 表彰状

会員各位

新秋快適の候、会員の皆様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、先日(7月13日)に発表となりました「平成28年度外務大臣表彰」を、本日大使館にて石井駐ベルギー大使より受領して参りました。
外務大臣より、当ベルギー日本人会に対して、『日本とベルギー王国との相互理解の促進』が表彰の背景・理由とされました。 本表彰に際しては、皆さまの日頃からの日本人会各種活動へのご協力に御礼を申し上げますとともに、皆さまと一緒に本受賞を喜びたいと思います。
少しだけ歴史を紐解きますと、日本〜ベルギー両国の外交成立より遅れること約1世紀の1960年代半ばに当ベルギー日本人会の活動が始まりました。
事後、日本人会活動を継続に関しては、多岐に亘るご苦労・ご腐心は計り知れないものと理解しておりますが、皆さまの活動が途切れることなく引き継がれ、また現在に至る会員の皆様の努力にて対処して頂きましての賜物と認識しております。日白外交関係の上に両国相互理解を深めるためにひとつひとつ積み上げてきた成果に他なりません。
約半世紀前に植えた種に毎年水を与え続け、今年大きく開花しました。これからは、更に熟した実を結ぶために、次の50年、100年と2国間の友好関係の礎となる相互理解を深められる様、会員の皆様の変わらぬご協力を賜りたくお願い申し上げます。 末筆になりましたが、本表彰に際し、石井大使を始めとした日本国大使館館員 外務本省の皆さまからのご指導、ご協力に改めて御礼申し上げます。ありがとうございます。

                   2016年9月5日 
                   三中政次

ページトップへ戻る

Online Magazine

Copyright(C) ベルギー日本人会 All Rights Reserved. Website:Inspiration Publishing
アクセスカウンター